時系列完全無視放浪記

今まで思い付きで行った一人旅を時系列無視で更新するブログ

埼玉県八潮市のパキスタン料理屋「アルカラム」

※当記事は随時更新しています。

 

今回は趣向を変えてグルメ記事を書こうと思う。

今回紹介するのは埼玉県八潮市にあるパキスタン料理屋「アルカラム」だ。

 

関連ランキング:パキスタン料理 | 八潮駅

 

埼玉県八潮市は中古車販売の取引が多く、それを生業としているパキスタン人が多数在住している。

その関係で八潮市役所周辺には以下のパキスタン料理屋が密集している。

※最後のきーCurryはインド料理屋

 

特にアルカラムとカラチの空が有名でカレーマニアの間では必ず行くべき名店として有名らしい。

自分はアルカラムもカラチの空も行ったことがあるが、個人的にはアルカラムが気に入っており、かなり通い詰めていて紹介したいと思い記事にしてみた。

 

 

 

 

アクセス

f:id:UrushiUshiru:20170707025155j:plain

つくばエクスプレス八潮駅北口から東武バス「草加04 :八潮市役所経由草加駅東口行き」「草加06:八潮中央病院経由草加駅東口行き」で「八潮メセナ」バス停で下車。徒歩1分。

ただし、バスの本数が1時間に1本と絶望的に少ないので歩いていくことになると思う。徒歩20分掛かるけど。

 

初来店

当時インド・パキスタン・ネパール料理にハマっていて、自宅の近くの八潮市にアルカラムという本格的なパキスタン料理屋があるのという情報を得て気になったが、以下のネットの情報を見て敬遠していた。

・日本語が通じない店員

・メニューが日本語で書かれていない。

・厳格なイスラム教徒の店

 

しかし、ネットで調べれば調べるほど知的好奇心を刺激され、ついにホイホイ行ってみることにしたのだ。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705194159j:plain

2015年1月。自転車で店へ向かった。

店に到着すると、店内には誰もおらず入り辛い雰囲気。

チキンな自分は店の前をうろうろしてなんとか決心して入店。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705194854j:plain

メニューはネットの情報通り日本語表記は無し。

しかし、事前にネットで情報を得ていた自分は、気になっていたニハリとマトンビリヤニを注文した。

※店員に訊けばどんな料理なのか片言の日本語で説明してくれる。

店員は、ネパール人なのかな?日焼けした日本人の顔つきに近い感じ。

こういう現地人がやってるような店は店員の態度が威圧的だったりやる気の無さ前回だったりすることが多いが、ここは物腰柔らかい感じの人で好印象だった。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705204057j:plain

店内は青い壁にエスニックな絵画とかアッラーのマークとか飾ってあり、現地の食堂みたいな雰囲気だった。パキスタンなんて行ったことないけど。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705205413j:plain

※2017年6月撮影

ちなみに現在はリフォームされていて、白い壁でパキスタンのデコトラの写真が壁一面に飾ってある。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705210037j:plain

注文してすぐに付け合わせのサラダとスープが到着。

あと何故か割り箸も付いてくる。

スープは、見た目通り中華スープみないなスープで少し酸味があり美味かった。

ちなみに現在はコストダウンの為かスープが付かなくなった。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705210807j:plain

サラダは、キャベツの千切りにドレッシングがかかっている普通のサラダだがやけに盛りがいい。あと、ドレッシングもスパイスが効いていて他では食べた事のない味。

サラダはフォークで食べるより割り箸の方が食べやすいな。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705211919j:plain

サラダを食べ終わる頃にニハリとマトンビリヤニが到着。

ニハリもビリヤニも量が多い。全部食べられるのか不安になった。

ニハリは、羊のすね肉を煮込んだカレーで、スープはトロトロとしていて日本のインドカレーとも違う食べた事のない味。絶妙な辛さでナンが進む進む。

肉はマンガ肉みたいな見た目で柔らかくホロリと骨から簡単に肉が取れる。

スープと肉の味が絡んで、マトンのぼそぼそとしか感じは一切なくかなり美味い。

 

f:id:UrushiUshiru:20170705214243j:plain

ビリヤニは、大皿に山盛りに盛られていて2人前あるんじゃないかと思うくらいの量の多さ。骨付きのマトンがゴロゴロと乗っかっている。

スパイスの香りが香ってきて、食べてみるとガンガンと効いたスパイスとマトンの味がバスマティライス(インドの香り米)に染み込んで美味い。

ライタ(ヨーグルトのサラダ)にもスパイスがかかっていて独特の味がする。それをビリヤニにかけて食べると、ライタの酸味で美味さが増して食が進む。

カレーの炊き込みご飯と聞いていて侮っていたが、こんな美味いものだとが衝撃的だった。

 

かなり美味いのでなんとか完食したが流石に2品は腹が苦しい。

今度来るときは1品にしよう・・・。

店を出るころには、店内はパキスタン人で溢れかえっていて、ここがパキスタン人御用達の店なんだと認識した。ちなみに日本人は誰も来なかった。

 

期待以上の美味さで、俺はこの店の虜になってしまった。

この日を境に月に3~4回のペースで通うようになった。

 

メニュー紹介

すべて網羅したわけではないが今までこの店で食べた料理を紹介しようと思う。

曜日によってもメニューが違うので、どの料理がどの曜日に出る(確率が高い)かも記載する。

ちなみに紹介している料理は全品1000円。

※メニューは随時更新

 

パヤバクラ(Paya Bakra)

f:id:UrushiUshiru:20170705222933j:plain

 山羊の足のスープカレー。

スープは薬膳スープみたいな味。そして辛い。

旨辛いスープのお陰で付け合わせの2枚標準装備のロティ(インド、パキスタンで食べられるパン)が進む進む。ロティ(ナンも)はお代わり自由なので多い時だと4枚くらい頼む。それでもスープが余るくらいの量の多さ。

肉はゼラチン質でプルンプルンしてる。ただ骨が多くて食べづらい。

 

提供曜日:日

 

ビーフパヤ(Beef Paya)

f:id:UrushiUshiru:20170705223309j:plain

牛の足のカレー。

インドと違いイスラム教のパキスタンでは牛もOK。

※インドでもヒンドゥー教徒でなければ食べるらしい。

スープはパヤバクラと同じく、薬膳スープみたいな味。そして辛い。

肉はゼラチン質でプルンプルンしてる。肉はバクラより大きめで骨少なめなので食べやすい。

 

提供曜日:日

 

ニハリ(Nihari)

f:id:UrushiUshiru:20170705223639j:plain

羊のすね肉を煮込んだカレー。

トロっとしたスープでカレーというよりシチューっぽい。ただし辛い。

ロティで食べるとスープとよく絡むのでナンよりこっちのがお勧め。

肉はマンガ肉みたいな見た目で柔らかくホロリと骨から簡単に肉が取れる。

入っている肉がでかいガッツリ系のカレー。

 

提供曜日:土・日

 

ハリーム(Halim)

f:id:UrushiUshiru:20170706233435j:plain

マトンと豆を原型が無くなるまで煮込んだカレー。

ドロっとしかカレーでマトンより豆の味が強い気がする。全然辛くない。

具を原型が無くなるまで煮込んであるので具無しのカレーみたいでなんか物足りなさを感じる。美味いけど。

実はかなり手間のかかる料理らしい。

 

【追記】

f:id:UrushiUshiru:20171002010719j:plain

久々に食べてみたところ、輪切りの青唐辛子が大量投入されていた。

この青唐辛子が単調になりがちなハリームの味の良いアクセントになっている。

ただ、辛さは倍増したが。

 

提供曜日:金・土

 

カリパコラ(Kari Pakora)

f:id:UrushiUshiru:20170705224054j:plain

 パコラ(インドとかパキスタンで食べられるかき揚げみたいなもの)とヨーグルト入りのカレー。

カレーはヨーグルトの酸味がかなり効いていて今まで食べた事のないような味。

香辛料もガンガン入っているので辛い。

パコラは、衣多めのかき揚げみたいな食感。味自体は淡泊。というかカレーの味に完全に隠れてる。

 

提供曜日:水、木

 

マトンビリヤニ(Mutton Biriyani)

f:id:UrushiUshiru:20170705231752j:plain

 カレーグレイビーというカレーのソースと米と肉を層状に重ねて蒸し上げる炊き込みご飯。

スパイスの香りが凄い。

味はスパイスがガンガン効いていて辛い。ライタ(ヨーグルトのサラダ)をかけるとビリヤニの味が引き立って、ライタをかけてこのビリヤニは完成なんだと思う。

 骨付きのマトンが入っていて柔らかく、スパイスの味が染みついて美味い。

ただ、味の濃さは毎回濃かったり薄かったりと安定しない。個人的に濃い方が好き。 

 

提供曜日:金・土

 

チキンビリヤニ(Chicken Biriyani)

f:id:UrushiUshiru:20170705232411j:plain

マトンビリヤニの肉がチキンのバージョン。

肉はスパイスが染み込んでいてほくほくして美味い。

チキンの方が、マトンより肉が多いしスパイスの味を吸い込んでる気がする。

個人的にはマトンよりこっちの方が好み。

マトンの時と同じく味の濃さは日によって濃くも薄くもなり安定しない。マントと同じく濃い方が好き。

 

提供曜日:火・水

 

マトンプラオ(Mutton Plav)

f:id:UrushiUshiru:20170705231153j:plain

カレーグレイビーというカレーのソースに米を入れて蒸し上げる炊き込みご飯。

ビリヤニと同じような香り。

味はスパイスがガンガン効いているがビリヤニより辛さ控えめ。ビリヤニと比べると少し味が単調。

ビリヤニより味の濃さが安定している気がする。比較的濃いめの味付け。

 

提供曜日:日・月

 

チャナアンダ(Chana Anda)

f:id:UrushiUshiru:20170705225235j:plain

ひよこ豆と卵のカレー。

スープはドロッとしていて、あまり辛さが無く味は淡泊。

トマトが入っているのかちょっと酸味がある。

 

提供曜日:不定期(平日のどこかの曜日には必ず提供される)

 

チキンカラヒ(Chicken Karahi)

f:id:UrushiUshiru:20170705225749j:plain

カラヒという鍋て煮込んだチキンカレー。

スープが汁気が無く甘辛い。

その甘辛さ加減が絶妙でうまい。

滅多に個人向けの提供が無いのでかなりレア。

ちなみに食べたのは土曜日。

 

提供曜日:不定期(団体向けだと毎日提供)

 

アルゴシュト(Alu Gosht)

f:id:UrushiUshiru:20170705233417j:plain

 ジャガイモとマトンのカレー。

スープは汁気があり甘辛い。

肉はパサパサしておらず柔らかい。

 

提供曜日:不定期(平日のどこかの曜日には必ず提供される)

 

サルガムゴシュト(Salgam Gosht)

f:id:UrushiUshiru:20170705230424j:plain

カブとマトンのカレー。

チキンカラヒと同じくスープは汁気が少なく甘辛い。

スープはチキンカラヒと同じ調理方法なんだろうと思う。

マトンとカブがゴロゴロと入っていて、スープよりも圧倒的に量があるので食べ応えがある。

肉はパサパサしておらず柔らかい。

 

提供曜日:不定期

 

チキンロビア(Chicken Lobia)

f:id:UrushiUshiru:20170705230619j:plain

チキンとロビア豆のカレー

スープはドロッとしていて、あまり辛くなく、味は淡泊。

チャナアンダのような酸味は無く、むしろ若干甘い。

 

提供曜日:不定期

 

チキンコルマ(Chicken Quorma)

f:id:UrushiUshiru:20170811224215j:plain

ナッツ類とヨーグルトのペーストのチキンカレー。

ナッツ類がペーストなのでマイルドで辛くないカレー。

ヨーグルトが入っているので酸味があるが、カリパコラより控えめ。

辛いのが苦手な人でも食べ易いカレー。

 

提供曜日:不定期(ほぼ毎日では?というくらいよく提供される)

 

アチャリチキン(Achari Chicken)

f:id:UrushiUshiru:20170906012135j:plain

アチャール(インド及び周辺諸国で食べられている漬物)とチキンのカレー。

アチャールが入っている為か結構コクのあるカレー。

胡椒のようなしびれるような辛さがあるが、甘みもある。

骨付きチキンがゴロゴロと入っている。

 

提供曜日:月、火

 

 Ojieari masala(オジリ マサラ)

f:id:UrushiUshiru:20170927002327j:plain

 大量の羊の胃袋が入っているカレー。

Ojri Masalaのスペル間違いか?

カレー5:羊の胃袋6くらいの量

かなりフワフワしている。

カレーの美味さが羊の胃袋のクセをなくしている。

 

提供日:不明 

 

随時更新中!!