時系列完全無視放浪記/a>

時系列完全無視放浪記

今まで思い付きで行った一人旅を時系列無視で更新するブログ

宮城の七ヶ浜をサイクリングしてきた

2015年5月。ゴールデンウィーク

俺は地獄のプロジェクトから運良く抜け出し、今まで一番ホワイトなプロジェクト(今までブラックプロジェクトしかなかったけど)に身を置いていたため、有給も含めて9連休取得することが出来た。

そのため、俺は実家の宮城に帰省していた。

帰省したついでに七ヶ浜へサイクリングすることにした。

 

七ヶ浜町へ向かう

f:id:UrushiUshiru:20170527014027j:plain

2015年5月3日。

自宅から七ヶ浜までは住宅街の路地を通り国道45号線と県道23号を通る。

国道45号線はかなり交通量が多く、大型トラックもばんばん走っている上、宮城県民は法定速度+20km/hは平気で出すのがデフォルトなほど民度が低いマナーが悪いので冷や冷やしながら走行した。

裏道通れば良かった・・・。

 

県道23号に入ると交通量が少なくなり、県道59号に入り七ヶ浜町に入ると人気すら無くなる。

国道45号よりかなり走りやすいが坂が多くなる。

七ヶ浜は、仙台のベットタウンのくせに昔から人っ子一人歩いてないのは何故だろうか・・・。

県道58号を走行し、人山越えると菖蒲田浜沿いの開けた道に。

 

f:id:UrushiUshiru:20170527230219j:plain

東日本大震災後1年後の2012年の時は基礎だけ残った住宅跡や、

 

f:id:UrushiUshiru:20170527230718j:plain津波の水が溜まって池くらい大きな水たまりになっている箇所があったが、防波堤の工事をしていて綺麗に更地になっていた。

 

f:id:UrushiUshiru:20170527233019j:plain

サーファーがたくさん居る小豆浜を通り過ぎ、震災前は田んぼと住宅地が広がっていた直線道を右折して表浜へ向かう。

震災前は住宅と松林で見えなかった浜が今は遠くからでも見渡せる。

 

表浜

f:id:UrushiUshiru:20170527231605j:plain

表浜に到着。

砂浜には、珍しく車が止まっていた。それも何かの台車を牽引している。

海上では水上バイクを乗り回してい人が居たのでその人の車だろう。

 

f:id:UrushiUshiru:20170527233824j:plain

近くにも、ボートトレーラーらしきものが置いてあるが、

 

f:id:UrushiUshiru:20170527233457j:plain

1台しか水上バイク乗り回していないが、もう一人はどこに行った?

もっと沖にでも出たのだろうか?

ほとんど人気が無くて静かだったので20分ほど休憩し、表浜を後にした。

 

滑走路並みに殺風景な直線道の県道58号と合流して一気に速度を上げる。

追い風な上、海風が気持ちよく最高だった。

 

f:id:UrushiUshiru:20170527234248j:plain

県道58号は花渕浜で右折するが、そこではヨットの大会が開かれているらしく、ヨットの大群がスタンバっていた。

 

 

f:id:UrushiUshiru:20170528211406j:plain

 花渕浜を右折して坂の中腹に、休憩スペースらしきベンチが設置してある所があったの休憩した。

 

f:id:UrushiUshiru:20170528212218j:plain

休憩所からは漁港が見えるが

 

f:id:UrushiUshiru:20170528212436j:plain

海沿いなのに普通に住宅地が広がっている。

津波に流されなかったのか、こんな所に新築を建てるマゾヒストか。

明らかに新築みたいなのも建ってたしなあ・・・。

 

多聞山

f:id:UrushiUshiru:20170528221317j:plain

休憩所から県道58号沿いに坂を上り、多聞山へ向かった。

多聞山へは途中駐車場を越え、林の中にある公園間で行き、そこからは階段なので徒歩で向かった。

 

f:id:UrushiUshiru:20170528212737j:plain

多聞山からは眼下に日本三景松島を拝めることが出来る。

松島四大観と言われるだけあって、松島海岸から見るよりきれいに見えるな。

今日が快晴で良かった。

 

君ヶ丘公園

f:id:UrushiUshiru:20170528231645j:plain

多聞山を後にして、君ヶ丘公園に向かった。

七ヶ浜は高台になっていてアップダウンが激しいので、公園まで大した距離じゃないのに結構体力が消耗した。

 

f:id:UrushiUshiru:20170528232447j:plain

君ヶ丘公園には展望台(ほぼアスレチック)があり、松島や

 

f:id:UrushiUshiru:20170528232906j:plain

花渕浜を拝めることが出来る。

ただ、残念なことに展望台と電線が同じくらいの高さなので必ず目についてしまう。

 

七ヶ浜国際村

f:id:UrushiUshiru:20170528234115j:plain

君ヶ浜公園の次は国際村に向かった。

国際村ではブラジルフェアなるものが行っており、屋台や、コンサート、雑貨の販売を行っていた。

 

f:id:UrushiUshiru:20170528235314j:plain

腹が減ったので屋台でブラジル料理を頼んでみた。

何ていう名前の料理かは忘れたが、黒豆のシチューみたいなのと焼いたチキンが付いてきた。

シチューは若干冷めていてイマイチだった。

こういうのは店で食うべきだな。

しかし、チキンは焼き立てで炭火焼だったので美味かった。

 

f:id:UrushiUshiru:20170528235632j:plain

ステージではボサノバがやっていて落ち着いた雰囲気で食事が取れた。

個人的にはサンバが見たかったが、8月に浅草にたまたま行った時に見ることが出来たので満足。

 

f:id:UrushiUshiru:20170529000611j:plain

※2015年8月 浅草にて撮影。

 

f:id:UrushiUshiru:20170529000847j:plain

国際村からは太平洋と造成中の住宅地を拝めることが出来る。

休憩がてら太平洋を眺めていると、隣のばあさんから「何かの選手の方ですか?」と尋ねられ、違いますと答えたら残念そうにしていた。

ピチパンキノコの格好してたから間違われたのだろう。

東京と違って宮城じゃ自転車趣味なんてドマイナーだし。

 

鼻節神社

f:id:UrushiUshiru:20170529002203j:plain

国際村を後にして帰宅しようと思ったが、帰りの道中鼻節神社の文字が見えたので左折して、鼻節神社に向かった。

途中、住宅に挟まれた細い路地を通るのでこの道で合ってるのか不安になったが無事到着。

 

f:id:UrushiUshiru:20170529002852j:plain

鳥居から獣道みたいな参道を5分ほど歩き、拝殿に到着。

ゴールデンウィークだというのにここには人っ子一人居ない。

かんなぎという炎上アニメの聖地なんだけどな。

 

f:id:UrushiUshiru:20170529004428j:plain

参拝して戻る途中、海の方へ続く階段を発見したが、ビンディングシューズだったので諦めて自転車のもとに戻った。

帰りは行きの反省も踏まえて裏道を通って帰宅した。(それでも交通量は多いけど)

 

七ヶ浜は海も山もあり、絶好のサイクリングスポットではないかと思って行ってみて正解だった。

交通量も少なく、海を眺めることが出来て、適度にアップダウンもある。

むしろ宮城県でまともなサイクリングスポットはここぐらいしかないのではないだろうか。

一応、七北田川の堤防がサイクリングロードとなっているらしいが道が狭いし、道路はオフロード並みガタガタなので論外。

 

宮城に輪行する機会があったら七ヶ浜に行ってみては如何だろうか。

 

おわり。